にんにく卵黄本舗トップへ にんにく卵黄本舗トップへ

にんにく卵黄本舗トップへ ショッピング 会員様ご案内 サポート 会社案内 個人情報保護 サイトマップ
昔ながらの にんにく卵黄    
私たちの原点    
安心保証

 
ショッピング  
お客様の声  
 

コラム検索:
過去のコラム

コラム一覧

 <最新3ヶ月分>

2011年04月

2011年03月

2011年02月

 

第1697回 ラーメン光圀     2011年04月20日

 先日、ラーメンに関する話題に触れた際、日本で最初にラーメンを食べた人は水戸光圀公だと記載しました。1659年(万治2年)に明より亡命した儒学者、朱舜水の所持品の中にラーメンを作るために使われる道具が含まれていた事や、亡命後、朱舜水が水戸藩に招かれている事から中国の麺料理を献上したと考えられています。

 光圀公が日本史の編纂に関する助言を得るために朱舜水を招いたのは1665年の事とする説もある事から、1659年または1665年のいずれかに光圀公がラーメンを食べた可能性は充分に考えられるのですが、正式な記録が残されておらず確たるものとする事ができません。

 ラーメンが食べられたという正式な記録が登場するのは、1697年(元禄10年)の事で、光圀公の隠居所であった西山荘を訪れた僧侶や家臣達に中国の珍味として麺料理がふるまわれたという記載が残されています。今回、このコラムが1697回を迎えたので、1697繋がりで光圀公のラーメンについて触れてみる事にしました。

 光圀公のラーメンの特徴の一つとして、麺にレンコンの粉末が練り込まれています。レンコンには野菜としては珍しくビタミンB12が豊富に含まれていて、肝臓の働きを助けてくれたり、ビタミンCや鉄分も多い事から相乗効果によって「古血を散らし、病後の渇きを止め、産後のうっ血を治す」といわれた薬効を持つ事や、滋養強壮に役立つとされていた事から、麺に練り込む事で単に珍味としての食べ物というだけでなく、薬膳的な意味合いもあった事が伺えます。

 レンコンは繊維が多いだけでなくデンプンも多い事から、麺に独自のモチモチ感を出してくれ、美味しい麺となった事が考えられます。平打ち麺に仕上げられていた事から、ラーメンの語源の一つとも言われる中国語の「引っ張って伸ばす」という意味の言葉、「拉(らー)」による麺ではなかった事が伺えます。

 中国のハムともいえる塩漬けの豚の腿肉が使われ、塩が味付けの基本となっていた事から、現在でいうところの塩ラーメンであったとも考える事ができ、薬味として胡椒が使われた事や、五辛と称したショウガ、ニンニク、ニラ、ネギ、ラッキョウを必ず添えるように勧めていた事から、本格的なラーメンであったといえます。

 普段から光圀公は麺好きであったとされ、自らうどんを打つほどであったとされます。朱舜水によって麺作りを教わった光圀公が自ら麺作りを行った事は充分に考えられ、記録に残る1697年6月16日にふるまわれたラーメンが光圀公によって打たれた物かは確認する事ができませんが、「こちらのお方をどなたと心得る、日本で最初にラーメンを食べたお方なるぞ!」といわれると、思わずひれ伏してしまうかもしれないと思っています。


 


 

Copyright (C) 2007 Sunproject Co.Ltd. Allrights reserved,